2014 JACQUES MOISANT collection

La collection Jacques Moisant 2017

ボーテ・アンドンプターブル
—飼い慣らされない、御しがたい 美しさ—

40周年を迎えるモアザン・パリにクリニエール(たてがみ、長髪、飾り毛)がカムバック。
官能的、あるいはワイルドなヘアー。

デクワフェ(乱した髪)

デクワフェ(乱した髪)
もみあげと前髪を長く残し、アシメトリーにカット。
仕上げに全体を削ぎ軽さを出し崩した感じを出し、
ダークブラウンで根元をカラーリングし強いコントラスを出す。

カレ・ソヴァージュ(ボブ・ワイルド)

カレ・ソヴァージュ(ボブ・ワイルド)
エフィラージュのみでドライカット。
エレベーションでグラデーションを作ったボブを崩し
ワイルド感を出す。

ブロンド・クリニエール(たてがみブロンド)

ブロンド・クリニエール(たてがみブロンド)
トップからオーバーダイレクションでハイレイヤーを入れ、
フロントも0°でシャギーを作り、
サイドからの外ハネとのコントラストでワイルドさを演出、
トップから前髪までを大胆にV字バングを作り立て髪を再現。

キャレ・デストリュクチュレ(崩したボブ)

キャレ・デストリュクチュレ(崩したボブ)
ライトサイドは、マッシュライン。
ヘビーサイドは、前下がりボブのアシンメトリースタイル。
スタイル全体にレザーでシャギーを入れ、
艶消しWAXや粉っぽい、
ダストイットでバサッとした質感に。
異色なボブとセクシー感が新しいトレンド。

シニョン エピ・ド・ブレ(麦の穂シニョン)

シニョン エピ・ド・ブレ(麦の穂シニョン)
エクステンションで三つ編みの束を4本から5本作り、
10cm間隔でゴムで止める。
地毛全部をトップでポニーテールにし、三つ編みをバランスよく配置。
ダークなカラースプレーをランダムにかけ、コントラストを出す。
三つ編みの束全体に鋏を入れ、麦の穂のように開かせる

ジャック・モアザンについて